<< December 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

神経系について

0

    私達がいつも何気なく感じていることに感謝ですね〜。
    神経系の簡単なお話しです!


    神経系は、身体の内外からの刺激に対して素早く反応し、臓器をはじめとする身体の各器官の調和を保つ働きを司っています。 神経系には実際に物事を判断したり、統制したり、思考したり、命令したりする中枢神経(脳・脊髄)と、中枢神経からの命令を受けて器官を動かしたり、また外界からの情報をキャッチして中枢神経に伝える末梢神経(脳神経・脊髄神経・自律神経)とに大別されます。

    『中枢神経(ちゅうすうしんけい)』

    中枢神経系は、脊髄(せきずい)・延髄(えんずい)・橋(きょう)・中脳(ちゅうのう)・小脳(しょうのう)・間脳(かんのう)・終脳(しゅうのう)などから構成されています。
    また、中枢神経自体はこの中に存在します。

    終脳は頭蓋骨の前上方に位置しており、大脳半球とも呼ばれています。

    延髄・橋・中脳・小脳・間脳・終脳は全体としてほぼ円柱形をしており、脳幹(注1)と総称されます。


    (注1)
    脳幹という表現には、大脳核から延髄までを脳幹とする場合、また中脳から延髄までの構造を脳幹とする場合があります。(この定義は本の著者により異なる模様です)


    1、脊髄(せきずい)

    脊髄は脊柱管の中にある細長い器官で灰白質と白質とでできており、灰白質は運動神経細胞や知覚神経細胞が集合した場所のことをいい、白質は多くの神経線維が集まったところをいいます。
    また脊髄の中心には中心管があり、脳脊髄液が入っています。

    脊髄内の神経線維は「脊髄と脊髄」そして「脳と脊髄」とをつないでおり、興奮などを上下へと伝えています。また脊髄と身体の各部をつないでいる神経を脊髄神経といい、頚髄(C1〜C8)・胸髄(T1〜T12)・腰髄(L1〜L5)・仙髄(S1〜S5)・尾髄(C0)に区分されています。

    2、延髄(えんずい)

    延髄の上方には橋があり、下方には脊髄が連なっています。
    また延髄からは、舌咽神経(ぜついんしんけい)、迷走神経(めいそうしんけい)、副神経、舌下神経が出ています。

    3、橋(きょう)

    橋は延髄と中脳との中間に位置しており、延髄と中脳や大脳、中脳および大脳と小脳とを結ぶ神経線維の通路の役目をしているところです。

    4、中脳(ちゅうのう)

    中脳は上は間脳、下は橋に連なっており脳幹の中央部にあります。
    身体の姿勢、眼球の運動、瞳孔の変化などを司っているところになります。

    5、小脳(しょうのう)

    小脳は上・中・下の小脳脚を通る線維によって中脳、橋、延髄に連なっており、身体の運動・平衡感覚と密接な関係があります。
    また、小脳に障害が起こると、筋の緊張と運動とが不完全になるといわれます。
    小脳の大きさは成人では、にぎりこぶし大の大きさで重さは130〜150グラムといわれています。

    6、間脳(かんのう)

    間脳は中脳と終脳(大脳半球)の間に位置しており、「視床(ししょう)」「視床上部(ししょうじょうぶ)」そして「視床下部(ししょうかぶ)」の3つに分けられ、知覚の伝導の中継点になっています。
    特に、視床下部は自律神経系の最高中枢とも呼ばれており、ホルモンの分泌の調節をしている大切なところです。

    7、終脳(しゅうのう)

    この終脳は脳の中でいちばん最上部に位置しており、尚かつ脳全体の重量でいえば約80%をも占めています。そして、運動・知覚を司る最高中枢であり、知・情・意などに示される高等な神経作用を営んでいます。
    またこの大脳半球は、大脳皮質・大脳髄質・大脳核によって構成されています。


    『末梢神経(まっしょうしんけい)』

    末梢神経は、中枢と末梢器官との連絡を行う神経系です。

    大きく分けると、脳・脊髄神経(体性神経系)と自律神経(内臓神経系)に分けられます。脳・脊髄神経はさらに「脳神経」と「脊髄神経」に分けられ、自律神経は「交感神経」と「副交感神経」へと分けられます。

    脳・脊髄神経は脳と脊髄から出入りする末梢神経で、全身の皮膚、感覚器や骨格筋などに幅広く分布しており、中枢と各器官との間で双方の情報および刺激による興奮を相互に伝えます。

    自律神経は、内臓・血管・分泌腺はどに分布しており、生命を維持するために必要な機能を調整しています。なお前回お伝えしましたが、自律神経の最高中枢部(司令塔)は間脳の視床下部にあります。

    また末梢神経は、末梢の感覚受容器からの情報を中枢神経系に伝える求心性神経(脳に伝える)と、中枢神経系の指令を末梢の器官に伝える遠心性神経(脳から指令を出す)からなります。

    体性神経系の求心性神経は、末梢の感覚受容器からの情報を伝え、感覚神経(知覚神経)とよばれ、体性神経系の遠心性神経は、骨格筋を支配し運動神経とよばれます。

    1、脳神経(のうしんけい)

    脳神経は脳幹から出入りしている12対の末梢神経で、頭部・頸部・内臓などに広く分布しており、運動や知覚などの神経が含まれています。

    2、脊髄神経(せきずいしんけい)

    脊髄から出入りする末梢神経で、頸神経が8対、胸神経が12対、腰神経が5対、仙骨神経が5対、尾骨神経が1対の左右合計で31対の神経になります。(頸神経だけは頚椎7個に対して神経は8本になっています)
    これらの神経は、脊髄の前根と後根から出ており、顔面を除く全身の皮膚に達しています。

    3、自律神経(じりつしんけい)

    自律神経は、神経系の最高中枢である大脳皮質の直接支配を受けない唯一の神経系であり、意志に関係なく身体の機能(内臓系)を働かせています。 このため、自律神経は不随意神経系であり植物神経とも呼ばれています。
    また、自律神経系は”交感神経”と”副交感神経”とで構成されており、交感神経が優位に立つと人間は興奮状態となり、副交感神経が優位になると抑制状態(リラックス)になります。
    日中の活動時には交感神経が、夜の就寝時には副交感神経がそれぞれ優位になるのが理想です。
    ストレスなどでこのバランスが崩れると自律神経失調症という状態に陥ります。

    取り敢えず、ご参考になれば(*^_^*)。

     
    高橋武也 * 身体のしくみ * 01:01 * - * -

    筋肉にも種類があります

    0

      今回は「筋肉にも種類がありますよ〜〜〜」ということをお伝えします。

      体重の約42%もの重量を占めている筋肉の種類について簡単にふれてみたいと思います。

      筋肉の種類には大きく分けて

      ・横紋筋(おうもんきん)
      ・平滑筋(へいかつきん)
      ・心筋(しんきん)


      の3種類に分けられます。

      「横紋筋(おうもんきん)」について

      横紋筋は主に人間の体の肉付けをしている筋肉で普段何気なく「筋肉」と呼んでいるものはこの種類にあたります。そして、この筋肉は関節をまたいで骨から骨へと付着していることから”骨格筋(こっかくきん)”とも呼ばれています。
      さらにこの筋肉は、自分の意思によって自由に動かしたり、止めたりすることができる「随意筋(ずいいきん)」といいます。
      代表的なところでは、僧帽筋、上腕二頭筋、大胸筋、大腿四頭筋など、、、多数あります。

      「平滑筋(へいかつきん)」について

      平滑筋の大部分は”内臓”を構成している筋肉です。
      胃、小腸、大腸、などの内臓と呼ばれるものも実は筋肉の部類に入ります。しかし、この平滑筋は自律神経によって制御されており自分の意思では自由に収縮や弛緩をされることができない(動かせない)「不随意筋(ふずいいきん)」とも呼ばれています。

      「心筋(しんきん)」について

      心筋はまさしく、心臓を構成している筋肉で、心筋の働きは、横紋筋と平滑筋の両方の長所を取り入れたような機能を持っています。
      すなわち、横紋筋のように活発な動きをすると同時に、いつまでもその動きを続けていても疲労しにくい、という平滑筋の特長も併せ持っています。
      横紋筋や平滑筋は休息することができますが、心筋については休息することができないので、より質の高い筋肉で構成されているのでしょう。
      心筋も平滑筋と同じく「不随意筋」です。

       
      高橋武也 * 身体のしくみ * 00:38 * - * -
      このページの先頭へ